1. 和花髪(わかがみ)

和花髪(わかがみ)(生産終了)

管理人の評価(5点満点)

※追記:この商品は世田谷自然食品の公式ページ上での掲載がありません。生産を終了しているものと思われます。

健康食品や化粧品を作っている、世田谷自然食品から発売されている白髪染めトリートメントです。自然のチカラで黒髪を美しくするというコンセプトで、日本の花々のエキスを使って作られています。

 

オススメ度 ⇒ 

世田谷自然食品が作っている白髪染めで、天然素材を多く使っています。白髪の染まり方はまぁまぁといった感じで、標準的な製品でした。

 

 

色持ち ⇒ 

色は入る方ですが、1回使っただけだと、翌日のシャンプーでけっこう落ちてしまいます。3,4日は続けて使うのがポイントですね。

 

待ち時間 ⇒ 

15分から20分は待った方がいいので、ちょっと長いです。短い時間だとほとんど色が残らないので、最低でも15分は待っておきたいところですね。

 

配合成分 ⇒ 

植物成分由来で、地肌にも髪にも優しいもので作られています。名前の由来は日本の花々のエキスを使っていることからとか。

 

ツバキ油、シャクヤク根エキス、ソメイヨシノ葉エキス、アンズ種子エキス、マドンナリリー根エキス、ボタンエキス、アロエベラ葉エキスなどが使われています。

 

補修力 ⇒ 

傷んだ髪を補修するのも、標準的な感じ。ガゴメエキス・加水分解ダイズエキス・加水分解シルク・加水分解コンキオリンなどの働きで、少しずつコンディションが良くなるタイプかなと思います。

 

全体的に平均的だなと感じる白髪染めでした

和花髪は、世田谷自然食品で作っている白髪染めトリートメント。

 

ガゴメ昆布のフコイダンと、椿油配合で髪と地肌を保湿するというので、仕上がりはしっとりツルツルかも?と期待し使ってみました。

 

これらの他に、トリートメント成分として12種類の自然由来成分が配合されてまして、かなり優しい使い心地ではあるようです。

 

 

和風の名前がついてる白髪染めって、これまで使ってきたものは、時間がかかるけど色が入らなかったなぁという印象があったけど、さてこれはどうでしょう。

 

 

この白髪を染めてみます

 

毎日のシャンプーの後に、リンスの代わりにお使いくださいとのことで、シャンプー後に使うのが推奨みたい。

 

 

液は水分が多くて、流れやすい感じ

 

タオルドライをしっかりやっておかないとですね。

 

髪の1本ずつにからみやすいので、固くてプリプリの液より扱いやすいです。白髪の多く目立つところにたっぷりのせて、待ち時間は最初は15分から20分、日常的には5分から10分とのこと。

 

とりあえず、20分待ってみることにしましたよ。

 

 

 

特に印象に残る香りはしませんね・・・よくあるヘアケア品らしい香り、って感じです。でも香料は使われていないので、配合されてる椿油やアロエエキスなどの香りなんでしょうかね。

 

もちろん肌に刺激も感じません。

 

さて待ち時間が過ぎたら色が出なくなるまですすいで、乾かしたのがこちら

 

 

思ったより、暗く染まりました。和花髪って、色はダークブラウンしかないんですよね。いつも、どんなメーカーのものでもダークブラウンを選ぶんですけど、これはちょっと暗めの色でしたね。

 

全体的に、嫌な点はないんですが、これはいい!って感じる点もなかったかな・・・という印象。待ち時間が長めなのがちょっと残念かな。

 

値段も税別で3,000円とちょっとお高め。使い心地は標準的なので、もうちょっとお値段が安いか、待ち時間が短ければ良かったかなと感じる白髪染めでした。

 

こちらもどうぞ

玉髪(たまぐし)

養蜂堂から発売された白髪染めトリートメント「玉髪(たまぐし)」で白髪を染めました。染めた前後を写真付きで紹介します。