1. 資生堂ティアラトリートメントカラーリンス

資生堂ティアラトリートメントカラーリンス

管理人の評価(平均:1.8点)
価格(税込) 1,080円

資生堂の白髪染めシリーズ「Tiara(ティアラ)」の、毎日使えるカラーリンス。値段も安く少しずつ色がつくタイプですが、髪と地肌に良いとはいえないかも。

 

オススメ度 ⇒ 2

スーパーやドラッグストアで安く手軽に買えますが、色の付き方は本当にわずか。髪や地肌に刺激が少ないともいえず、あまりお勧めできません。

 

色持ち ⇒ 1

色がほとんど入りません。毎日使っても、褐色というほど色濃くつかないです。選ぶ色にもよりますが、金髪っぽくなる感じですね。

 

髪の表面にとどまる量が少ないらしく、翌日のシャンプーでも、すすぎ湯にあまり色がつかないです。毎日使っても、白髪がない人、のように見えはしないと思います。

 

待ち時間 ⇒ 3

待ち時間は5分ほど。色を入れたい場合は10分ほどと、標準的です。

 

配合成分 ⇒ 1

刺激が強いとされている香料やポリマー類が多く配合されています。

 

補修力 ⇒ 2

使った直後は髪がツルツルになります。これはポリマー類が多く配合されているため。速効性はあります。

 

ティアラを使って白髪を染めてみた

資生堂から発売されている白髪染めブランド「tiara」のカラーリンスで白髪を染めてみました。

 

染毛料ではなく、毎日リンスとして使っておくと、白髪に少しずつ色がつくというものです。

 

値段は定価でも1000円。ドラッグストアなどでは700円~800円で売ってます。安い(笑)

 

 

 

少しずつ白髪に色がつくのはこのサイトで紹介しているヘアカラートリートメントも同じですが・・・違いは何なのでしょうね。

 

調べてみると、トリートメントとリンスの違いは髪の内部に浸透するかどうかという点らしいです。

 

ということは、白髪用ヘアカラーのトリートメントとリンスの違いも、内部に色素が入るかどうかというところにあるんでしょうね。

 

 

とりあえず使ってみることに。この白髪に使ってみました

 

 

買ったのはダークブラウンなんですが、液の色は薄い感じのグレーでした

 

 

チューブには「液の色と染まりあがりは関係ありません」と書いてあるんですよね。

 

「液の色が薄いから染まらないのでは」などという問い合わせがあるのかも知れない、と勝手に想像したりしました^^;

 

香料が強くて耐えられない

シャンプーしたあと髪に塗布し、5分ほどおきます。より色を入れたい場合は、もう少し長い時間置いてくださいとのことでした。それで10分ほど置いてみたんですが、香りが強くて耐え切れず、流してしまいました。

 

成分には香料が入っていて、昔のパーマ屋さんみたいな香りがします。けっこう強いです。香りの強い化粧品が平気な人にはなんてことはないかも知れませんが、私にはちょっとキツい香りでした。

 

 

1回使ってみて、染まりあがりはこんな感じ

 

うっっすら黄色く色がついたかな?くらいの感じですね。写真だと全然染まってみえませんが、多少の色はついています。でも白髪が染まった、と感じるほどではありませんでした。

 

 

髪の手触りは良くなりましたが、これもポリマーの働きで、髪自体が強くなるわけではないので、私はリピートして使いたいとは思いませんね。

 

白髪用ヘアカラートリートメントには、「染毛料ではありません」とか「ヘアマニキュアタイプです」と明記されているものも多くあります。

 

でも使っている実感としては、次の日シャンプーしたくらいでは完全に色が落ちるものは少ないです。多少なりとも髪の内部に色が入っている印象があります。

 

tiaraは「トリートメントカラーリンス」となっている通り、リンスなので髪の内部までは色が入り込まないのかな、という感じでした。

 

毎日使うリンスで本当に少しずつ色がつく、という感じ。でも、リンスだからあくまで表面にちょっと色がつくだけで、白髪染めトリートメントほどは色がつかないんですね。

 

刺激がないからトリートメントがいい

今は特に地肌や髪にトラブルがない、という人は、値段の面から考えてこういう製品でも良いと思うかもしれませんが、白髪は生えるようになったら増える一方。

 

少しでも刺激の少ない製品を使っておいた方が、良いと思えます。

 

市販の白髪染めでなく、白髪用ヘアカラートリートメントを選ぶ理由は、刺激が少ないからですものね。

 

そう考える人が多いせいなのか、資生堂からは「プリオール」という、毎日使える成分で出来ているカラーコンディショナーが発売されています。

 

ティアラほど安くないんですが、髪や地肌のことを考えるなら、プリオールの方が良いです。

 

>>資生堂プリオールのレビューページはこちら

 

ほとんどのカラートリートメントに使われている染料も使っていないのが、プリオールの面白いところ。より肌に刺激のない成分で出来ていて、カラートリートメントよりは値段も安いです。

 

 

白髪染めはおしゃれ染めと違い、染める頻度が高いので、髪や地肌を傷めないものを使っておくべきだと思います。

 

というわけで、Tiaraトリートメントカラーリンスは、ちょっとお勧めとは言えませんでした。

こちらもどうぞ

資生堂プリオール

資生堂から発売された、カラーコンディショナーです。毎日使える成分で作られていて、シャンプー後に使用しているだけで白髪を目立たなくさせることが出来ます。安価で手軽。