1. HOME
  2. サイオス カラーリングヘアマスク

サイオス カラーリングヘアマスク

管理人の評価(平均:2.8点)
価格 1,058円 
※Amazonを参照
カラー(2色)
  • ダークブラウン
  • キャラメルブラウン

ドラッグストアやスーパーでも販売されている、白髪染めトリートメント。色も入るし、価格も手ごろです。髪色よりもツヤが出るのを重視したい人におすすめ。

公開日:2017年8月21日
最終更新日:2019年10月 1日

オススメ度 ⇒ 

白髪染めトリートメントとしては標準的。

 

元々の想定は、同じシリーズの2剤式のヘアカラーで染めている人が、次に染めるまで髪色を保つのに使う、というパターンだと思いますが、これひとつでも使えます。

 

薬剤で染めるほど色は入りませんが、刺激臭もなく優しい使い心地です。

 

色持ち ⇒ 

色持ちも標準的ですね。シャンプーのたびに少しずつ落ちます。トリートメントタイプに多いピンクに残るパターンではなく、黄色みの強い茶が薄くなっていく感じ。

 

待ち時間 ⇒ 

日常的には5分、最初色をしっかり入れたい時は10分。標準的な待ち時間だと思います。

 

配合成分 ⇒ 

こちらも標準的なもの。一般的な成分で作られています。髪色をリフレッシュする働きがあるようですが、それがどの成分によるものなのかはわかりませんでした。髪に艶は出ますね。

 

補修力 ⇒ 

表面的にツヤは出ますが、髪が補修されているわけではなさそう。あくまでも髪の表面をコーティングする働きのようです。

 

速効性はあるので、現状髪が傷んで困っている人にオススメ。

 

これひとつで染めても、2剤式と併用しても

サイオスは、2剤式の白髪染めが有名な、シャワルツコフヘンケルの製品シリーズ。私も、以前2剤式のものを使ったことがあります。

 

色がしっかり入り、表面にツヤが出て、いかにもカラーで染めました!って感じに染まったのを覚えています。

 

そのサイオスから、ヘアカラートリートメントも出ています。

 

サイオスカラーリングヘアマスク

 

 

推奨の使い方は乾いた髪に塗布して5分~10分待つ。その後十分にすすいでね、という感じ。

 

シャンプー後の塗れた髪にも使えるそうですよ♪

 

 

白髪染めトリートメントを選ぶ人って、髪や地肌にダメージを残したくない人だと思うんですね。私がそうだったし。

 

とにかく染まるのが一番で、ダメージは二の次なら、化学反応で発色する2剤式を使った方が理にかなってるんですよね。

 

だからこれは、もともと2剤式のサイオスを愛用してる人が、白髪染めの合間に使うための製品なのかなーと思ったんです。

 

でも使ってみたら、そうとも限らず、これひとつで白髪ケアしようと思ってもいいんだね、と思えました。

 

 

この白髪を染めました

 

使い方はシャンプー後、タオルドライしてから塗布し、はじめてなら10分、日常的には5分待ってからすすぎます。

 

一般的な使い方ですよね~。

 

サイオスは全体的に、標準的というか普通の白髪染めトリートメント、という感じです。

 

髪の表面をコーティングして、ツヤツヤになるのがちょっと特別な感じがしますが、それも白髪用ではないトリートメント剤になら、あるなぁという感じ。

 

 

液は割と固めなタイプ。

 

髪の根元にベトッとつきやすいので、コームかブラシで伸ばすといいですね。素手で扱うには向いてないかな。粘り気が強い液は、爪の間とか色が残りやすいので。

 

10分放置してからすすぎます。特に強い香りではないですが、ヘアケア品らしい匂いがしますね。この匂いは乾かした後も残ります。私はちょっと苦手でした。

 

すすいでる間は、あまり色のついたお湯は流れません。翌日のシャンプーの時の方が、色のついたすすぎ湯が流れるなーという感じ。シャンプーで染料が浮くのかしらね。

 

すすいで乾かした状態がこちら

 

思ってたより、色は入りました!

 

そして髪のツヤが出ます。ちょっと人工的に感じる、コーティング感のあるツヤですね。キラキラした感じ。

 

翌日、カラートリートメントを使わずシャンプーだけすると、ツヤも失われますが、継続して使っているとツヤも続くのかなと思います。

 

 

サイオスのヘアカラートリートメントはこれが最初に発売されたわけではなく、以前もありました。

 

以前の製品は「サイオスカラーリフレッシャー」って名前だったんですよね。

 

 

ネーミングからも、一度染めた髪色をリフレッシュするためのもの、って感じでした。

 

でもこの「サイオスカラーリングヘアマスク」は、カラーリングと名前についてる通り、そのまま染毛料と考えて使ってくださいね、という感じ。

 

実際、色も入るし、髪にツヤが出るので悪くなかったと思います。ドラッグストアやスーパーの白髪染め売り場で見つけられるし、手軽な点もいいですね。

 

価格はオープンみたいですけど、だいたい1,200円くらいで販売されてるようです。

 

サイオスは、思い立ったときドラッグストアですぐ買える製品が良い、という人や、髪にツヤが出るものを探している人に良さそうだな、と感じる白髪染めトリートメントでした。

syoss(サイオス)

 
管理人おすすめの白髪染めトリートメント BEST3
  1. 利尻ヘアカラートリートメント
    → 無添加、無香料。年代・性別にかかわらず使えます。修復力も大幅アップ。
  2. ルプルプ
    → 3種のフコイダンが痩せた髪にハリとコシを取り戻してくれます。
  3. レフィーネヘッドスパ
    → 白髪を染めながら、頭皮をクレンジング。ヘッドスパの気分を自宅で味わえる。
こちらもどうぞ

ウェラトーン ヘアカラートリートメント

ドイツのヘアケアメーカーWELLA(ウェラ)のヘアカラートリートメント。オイル成分の働きでツヤツヤなめらかな髪に仕上がります。色味に工夫があるのか、1回の使用で白髪が目立たなくなります。

シエロ カラートリートメント

hoyuの白髪染めシリーズ、CIELOから発売された、ヘアカラートリートメントです。シャンプー後に使っておくと、白髪に徐々に色が入ります。ポリマー類の働きで、髪がツルツルに。

 

ページの先頭に戻る