1. HOME
  2. 利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

管理人の評価(平均:4.0点)
価格(税別) 2,000円
カラー(4色)
  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

髪をコーティングするマニキュア剤なので、色が入りやすいのが特徴。早めに染めたい場合など特にオススメ。最初の20分で実感できます。

 

オススメ度  ⇒ 

髪をコーティングするマニキュアタイプ。無香料で、他のトリートメントタイプに比べて色が入りやすいと評判の製品です。

 

改善を繰り返しながら、4つのイオンカラー・ナノ分子カラーと、複数の染毛料が配合されており、白髪に色が入りやすくなっています。

 

色持ち ⇒ 

髪の表面を染料でコーティングしながら、ナノ分子カラーでキューティクルの隙間にも色が入るようになっているので、色持ちが良いです。

 

髪や地肌の補修力よりも色づきが重要という人にオススメです。

 

待ち時間 ⇒ 

最初ならシャンプー後に塗布して20分ほど。日常的な使用ならもっと短く10分くらい。

 

待ち時間にシャワーキャップなどで髪を温めておくと、より色が入りやすくなります。

 

配合成分  ⇒ 

昆布エキスに含まれるフコイダンがポイント。海藻エキスの保湿力の高さを期待できます。

 

香料など添加物が入っていない点も良いと思います。

 

補修力  ⇒ 

利尻昆布由来のフコイダンやアルギン酸をはじめ、美容成分が28種類配合されています。

 

ダメージを直接修復する加水分解ケラチン、シルク、コンキリオンの他、髪表面を保護するヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、デンプンポリマーも配合されています。

 

1回目から色が入るマニキュアタイプの白髪染め

利尻ヘアカラートリートメントの特徴は、何より「色が入りやすい」こと。そして甘い香りがしないことです。

 

 

いい香りのするヘアケア品が好きな方は多いですが、食品関係のお仕事をされている方など、あまりに香りの強いものは困るといいますよね。

 

その点、香りが残らない利尻ヘアカラーは、そういった方にもお勧めできる白髪染めです♪

 

 

利尻ヘアカラーは、シャンプー後の濡れた手でそのまま使える、とされていますが

 

 

実際に使うと、指先や爪の中に色が入ることがあります。

 

 

一度色がついちゃうと、これがなかなか落ちないんですね。私も最初は残ってしまって、2日間くらい、なんとなく黒ずんだ指先で過ごしました

 

 

ハッキリと「黒い!」という指先になるわけではないんですが・・・手先を見られる仕事をしている方などは特に注意が必要かと思います。

 

そういう方は念のため手袋をするか、ブラシで塗るようにすると良いですよ。

 

 

ところでヘアカラートリートメントって、ダークブラウンが一番多く売れるんだそうですね。私も、ずっとダークブラウンを使ってました。

 

今は明るい方がいいんで、ナチュラルブラウンを選んでます。

 

利尻ヘアカラートリートメントは4色展開。男性も使えるブラック、定番のダークブラウン、明るいナチュラルブラウン、さらに明るいライトブラウンの4色です。

 

 

さて、この白髪を染めますよ

 

 

利尻ヘアカラートリートメントは、シャンプー前でもシャンプー後でも使えます。色をしっかり入れたい時は、シャンプー前の乾いた髪に使うのがオススメ。

 

待ち時間はシャンプー前でも後でも、最初なら20分くらい。日常的には、シャンプー後に使って10分程度といったところ。

 

長い時間おいた方が色が入りますが、個人的には待ち時間の長さよりもラップやシャワーキャップで液を閉じ込めた方が、より色が入るなーと思ってます。

 

 

乾いた髪に塗布後20分待ってからシャンプー、乾かすとこんな感じ

 

 

難点はパッケージがあまりオシャレじゃないことですかねw

 

今は普通のトリートメントかと思うようなパッケージの白髪染めが多く、ここまで地味なのはちょっと珍しいです。

 

でも中身が出てくる穴の大きさや、ボトルの柔らかさなどは毎年改良が重ねられているそうですよ。長く販売している製品だからこそ、ですね。

 

 

公式ページだと初回購入は2000円で買えたり、何本かまとめ買いすると20~30%割引になったりと、安く買えます。

 

初めて買うなら、一度公式ページを見てからの方がいいかと思います。

公式ページはこちら
(初回限定1,000円OFFキャンペーン実施中)

 
 
 
 
 

白髪の量が少ないなら、利尻カラーシャンプーもオススメ

 

私は頭髪のほとんどが白髪です。だから白髪は染めて当然だし、その手間も仕方ないこととして受け入れられます。

 

でも、まだ真っ白ってほどじゃないって人も、白髪染めはしますよね。

 

黒髪も多いのに、割合としては少ない白髪のために、わざわざ染めるというのは面倒だろうなと思います。

 

かといって、おしゃれ染めの延長で脱色剤の入ったもので染めていると、髪も地肌も傷んじゃいますし。

 

白髪の量がまだ少ないとか、白髪染めのための時間がどうしても面倒、という人には、利尻ヘアカラーの姉妹品で白髪染めシャンプーがあるんで、それがいいんじゃないかと思います。

 

 

利尻カラーシャンプーは3色展開。ライトブラウン、ダークブラウン、ブラックがあります。

 

当然というか、利尻ヘアカラーと似た感じのボトル

 

 

小ぶりですけど、200mL入ってます。思いのほか、重いんですよね、これ。ボトル自体は軽いので、液の質量が重いのかなって思ってます。

 

シャンプー液が黒くて、初めて見るとちょっとひるむ(笑)

 

 

でも、手や頭皮や顔が黒くなったりはしませんよ。

 

 

使い方は普通のシャンプーと同じです。髪と頭皮をしっかりと濡らしてお湯を含ませ、シャンプーをよく泡立てて洗い、すすぎます。

 

すすぎは特に念入りに。最初は、かなり色のついたお湯が流れます。どの部分にも残らないようにしっかりすすぐ必要がありますから、丁寧に。

 

お風呂場の床に色がつかないかな?と心配でしたけど、今のところ色が残ったりはしてません。色のついた泡を、そのまま放置したりすると、残るかもしれませんが。

 

念のため、頭を洗い終わったらお風呂場の床や壁もチェックして、泡が飛んでたら流した方がいいと思います。

 

早いうちに処理しておけば、困ることはないと思いますね。

 

 

コンディショナーは手持ちのものを使ってもいいし、同シリーズの利尻カラーケアコンディショナーを使ってもよさそう。

 

試しに使ってみた私の白髪は、これが

 

 

 

このくらい染まりました

 

 

けっこう、染まるんですよ。白髪の量が少なくて、わざわざ白髪を染める気にはなれないんだけど、ちょっと気になってる・・・という人にはピッタリじゃないでしょうか。

 

 

少しずつ色が残っていく感じはトリートメントと同じ。シャンプーの方が、濃くなる速度はゆっくりかなと感じます。

 

染めたことを気づかれたくない男性にも良さそうですね。

 

利尻ヘアカラートリートメントと併用しても、もちろんいいと思うんですが、個人的にはどちらかでいいのかな、という印象。

 

白髪の量や、染まり方で自分に合ってる方を選ぶといいと思います。

公式ページはこちら
(利尻カラーシャンプーのページに移動します)

 
 
おすすめの白髪染めトリートメント BEST3
  1. 利尻ヘアカラートリートメント
    無添加、無香料でしっかり着色。修復力も大幅にアップ!
  2. ルプルプ
    3種のフコイダンで髪にハリコシ。ツヤありの色付き
  3. レフィーネヘッドスパ
    白髪を染めつつ、頭皮もクレンジング。地肌ケアで美髪に♪

ページの先頭に戻る