1. HOME
  2. 利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

管理人の評価(平均:3.2点)
価格(税込) 2,200円
カラー(4色)
  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

髪をコーティングするマニキュア剤なので、色が入りやすいのが特徴。早めに染めたい場合など特にオススメ。最初の20分で実感できます。

オススメ度 ⇒ 

イオン色素とナノ分子カラーで髪をコーティングします。白髪に色は入りやすいですね。

 

使い始めからしっかりした色の入り具合を実感したい人にオススメ。最初の20分で実感できます。

 

色持ち ⇒ 

色持ちは標準的です。染まりが早いので、毎日使っていればあまり気にならないと思います。

 

待ち時間 ⇒ 

最初ならシャンプー後に塗布して20分ほど。日常的な使用なら10分くらい。

 

ちょっと長いですね~。

 

配合成分 ⇒ 

利尻昆布由来のフコイダンやアルギン酸をはじめ、美容成分が28種類配合されています。

 

ダメージを直接修復する加水分解ケラチン、シルク、コンキリオンの他、髪表面を保護するヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、デンプンポリマーも配合されています。

 

補修力 ⇒ 

28種類の美容成分のひとつ、昆布エキスのフコイダンが傷んだ部分を補修します。

 

これから育つ髪が少しずつ強くなるという印象。

 

 

初回から色が入るマニキュアタイプの白髪染め

利尻ヘアカラートリートメントは、色が入りやすくて、白髪染めによくある甘い香りがしないので、好む人が多いんじゃないかと思います。

 

 

シャンプー後に素手で使える、という点も良い。無精なもので(笑)

 

完全な白髪に使うと、染まったと思えるまで数回かかりますが、もともと数日おきにトリートメントしてましたんで、苦じゃないです。

 

使った翌日はこのくらい、色が残ります

 

 

シャンプーすると少しずつ色落ちするので、週2~3回使う必要がある点で好みが分かれるかもしれませんね。

 

私はしばらくダークブラウンを使っていたんですけど、今は明るい方がいいんで、ナチュラルブラウンを選んでます。

 

この2色の他にブラックと、ナチュラルブラウンより明るいライトブラウンの2色があります。

 

利尻ヘアカラートリートメントは、シャンプー前でもシャンプー後でも使えます。色をしっかり入れたい時は、シャンプー前の乾いた髪に使うのがオススメ

 

待ち時間はシャンプー前でも後でも最初は20分くらい。回数を重ねてきたらシャンプー後に使って10分程度といったところ。

 

長い時間おいた方が色が入りますが、個人的には待ち時間の長さよりもラップやシャワーキャップで液を閉じ込めた方が、より色が入るなーと思ってます。

 

利尻ヘアカラートリートメントの公式ページはこちら

 
 

「染める」のも意識したくないなら毎日のシャンプーで

 

白髪染めのための時間がどうしても面倒、という人には、利尻カラーシャンプーがおすすめです。

 

 

シャンプー液が黒くて、初めて見るとちょっとひるむ(笑)

 

 

でも、手や頭皮や顔が黒くなったりはしませんよ。

 

使い方は普通のシャンプーと同じです。髪と頭皮をしっかりと濡らしてお湯を含ませ、シャンプーをよく泡立てて洗い、すすぎます。

 

すすぎは特に念入りに。最初は、かなり色のついたお湯が流れます。どの部分にも残らないようにしっかりすすぐ必要がありますから、丁寧にね。

 

1回の使用で、このくらい染まります

 

 

 

何日おきに、とか何週間おきに、と定期的なケアは忘れちゃう!とか、白髪を染めるための時間を取りたくない!という人もいますよね。

 

そういう人には利尻カラーシャンプーがオススメ。なんせ、ただ毎日シャンプーとして使っておけばいいんですから!

 

利尻カラーシャンプー公式ページはこちら

 
 

何度も染めるのがイヤな人にはカラークリーム

利尻ヘアカラーシリーズの最新版が「利尻カラークリーム」です。

 

 

とにかく白髪に、色がしっかりつきます。そして頻繁に使わなくて良い

 

1回の使用で、このくらい色がつきます。そして翌日のシャンプーでも、色落ちしません。

 

 

 

ところでこの利尻カラークリーム、しっかり色が残る分、クリームが肌につくとなかなか落ちません。

 

私は初めて使った時、無精して手で使ったんですよ。そしたら、上の写真でもわかるように、肌に色が残っちゃいましたw

 

これ、頭頂部だからまだいいんですけど、顔回りだと悲惨ですよね。

 

なので付属している保護クリームをちゃんと塗り、同じく付属のブラシを使うことをオススメします!

 

 

私と同じ失敗をなさいませぬように。

 

利尻カラークリームの公式ページはこちら

 
 
 

ページの先頭に戻る