1. 資生堂プリオール

資生堂プリオール カラーコンディショナー

管理人の評価(平均:3.2点)
価格(税込) 1,382円

大手化粧品メーカーの資生堂から発売になった、カラーコンディショナーです。毎日のシャンプー後に使える成分で、待ち時間も短く手軽。「今日は髪を染める」と決めるのではなく、日々のケアで白髪を目立たなくさせたい人におすすめ。

 

オススメ度 ⇒ 3

トリートメントではなく、コンディショナーなので髪の内部には浸透しません。

 

ですから、1回の使用だと、ほとんど色がつかないんですよね

 

色がつくまでは10回くらい使います。毎日使える成分で作られているので、シャンプーのたびに使うのが前提

 

特に「白髪を染めている」という気持ちがなくても、毎日のシャンプーの時に使えて、白髪が隠せる点が良いです。

 

色持ち ⇒ 3

すぐには色が入りません。でも毎日使うのが前提なので、色があせてしまう心配もありませんね。続けて使って、色が入ってからが本領発揮、といった感じです。汗や雨で色が落ちることもありませんでした。

 

髪全体に色がうっすら のるので、全体的に暗く仕上がる気がします。明るい色にしておきたい場合は、明るいほうのブラウンを選ぶといいと思います。

 

待ち時間 ⇒ 3

シャンプー後、水気を切った髪に塗って5分程度の待ち時間でOK。少し長めに置いておくと、より色がしっかり残りますが、使った感覚としては10分以上経つと、それ以上待ってもあまり変わらないように思いました。

 

毎日の使用には、5分程度で十分です。

 

配合成分  ⇒ 

基本的には、他のトリートメントタイプの白髪染めと同じ成分なんですが、ほとんどの製品に使われている「塩基性染料」が使われていません。

 

塩基性染料は刺激の少ない成分ですが、合成染料なので、どうしても肌に合わない、という人もいるみたいです。それに、毎日連続して使用するには、やっぱり多少の不安があるもの。

 

プリオールはその点、より安全で安心して使える製品だと思います。

 

補修力 ⇒ 3

髪の内部に補修成分を浸透させるトリートメントと違い、髪の表面をコーティングするコンディショナーなので、補修力は強いとはいえません。ただ、鏡面反射を利用した独自のツヤ出し効果で、髪がツヤツヤに見えるように仕上がります。

 

もし、今までの白髪ケアで髪が傷んでいるなら、これとは別に、毛先だけトリートメントを使っておくと、より艶やかに仕上がると思います。

 

毎日使って白髪をケアしておける、カラーコンディショナー

資生堂から発売されている、白髪に少しずつ色がつくタイプの「プリオールカラーコンディショナー」。

 

毎日シャンプー後に使える手軽さで、人気も高いみたい。ドラッグストアやスーパーなど、さまざまな場所で見かけるようになりました。

 

 

さすが資生堂で、なかなかおしゃれなパッケージ

 

チューブタイプで一見ツルツルしているように見えるんですが、指にひっかかりやすい素材で出来てて使いやすいんです。一度リニューアルされてるんですけど、この点は変更なし。

 

 

リニューアルしても、パッケージのデザインもほとんど変わってないですね

 

お風呂場で、シャンプーした後の濡れた手で使うには、チューブがツルツルしてると中身が絞りにくかったりするんですよね。

 

ちょっとしたことだけど、毎日使うには使いやすさは大切な点なので、ポイント高かったです。

 

 

さてこの白髪を染めてみます

 

と、いってもこれまでのトリートメントタイプのように、シャンプー前の乾いた髪に使ってみることはしませんでした。コンディショナーなので、あくまでもシャンプー後に使います。

 

 

プリオールからは、カラーを定着させる成分が配合されたシャンプーも発売されてます。

 

私が買った時は、色持ちを良くするシャンプーのお試し品と、カラーコンディショナーを髪につけやすいブラシがオマケでついてました。

 

どちらも期間・数量限定なんですね~。ついてるうちに買えたのは嬉しかったなぁ。

 

 

せっかくなのでこのシャンプーを使っておくことに

 

 

シャンプーはなかなか良い香り。私はふだんから洗浄力の強くないシャンプーを使っているので、正直そこまで色持ちの違いを感じませんでした。

 

でもこれまで硫酸系の洗浄力の強いシャンプーを使ってきた人は、色持ちの良さを感じるんじゃないかと思います。

 

 

ブラシは、形状はよくある白髪染めトリートメントにオマケでついてくるヤツ、って感じなんですけど、大きさとクシ目の高さが絶妙で使いやすかったです。

 

 

プリオールの液は通常のコンディショナーよりは、トリートメントに近い、濃い感じだと思います。

 

 

髪にからみやすい粘度になってます。私は白髪が気になる部分に多めにのせる感じにして、5分放置。その後、すすぐ前に毛先まで伸ばしてから、お湯ですすぐようにしました。

 

 

最初なので本当は少し長めに時間をおいた方がいいのかもしれませんが、とりあえず1回でどのくらいの色の残り具合か知りたいので、5分で流してみましたよ。

 

すすいで乾かしたのが、こちら

 

1回でもっと色が入るトリートメントタイプは他にもありますが、5分の待ち時間と考えると合格点かなと感じました。毎日使うのが前提のコンディショナーなので、どんどん色が濃く残っていきます。

 

 

どのくらいで「白髪がある」と感じなくなるかは、白髪の量がどのくらいかにもよると思うので一概には言えませんが、私の感覚だと1週間くらいかなと思います。

 

 

若白髪で少しだけあるとか、白髪がちらほら目立ち始めたくらいなら、そんなにかからず隠せると思いますよ。3回くらい使えば、充分隠せるんじゃないでしょうか。

 

どの白髪染めもそうですが、生え際は染まりにくいというか、染まっても洗顔料などが触れるので他の部分より落ちやすいんですよね。なので、気になるなら特にたっぷり液をのせておくといいと思います。

 

生え際の白髪って目立つし、疲れた見た目になるから要注意ですよね~

 

一度しっかりと色が残れば、あとは毎日使っておけば「知らないうちに白髪が目立ってた」なんてことはないので、安心だと思います。

 

 

ところで、リニューアルして変わった点なんですけど、一番違いを感じたのは、翌朝、スタイリングしてる時でした。

 

髪の根元がふんわりして、まとめやすくなったんですよね。旧製品には使われてなかったミネラルオイルなどの成分が配合されて、トリートメント効果が高まったせいかな、と思います。

 

 

市販の化学反応で発色させるタイプの白髪染めは、1カ月半程度は使う間隔をあけてとされているし、トリートメントタイプも数日おきに使ってくださいというものがほとんどです。

 

積極的に毎日使ってくださいというカラートリートメントがあまりないのは、配合成分に合成染料である塩基性染料が使われているからなんでしょうか。

 

プリオールのカラーコンディショナーには、塩基性染料は使われていないんですね。

 

そのため、毎日使ってOKというわけです。

 

プリオールカラーコンディショナーは心配なく毎日使えるので安心だし、「もうそろそろ白髪が目立ってきたかな?」と気にしながら過ごすこともなくなるので、何より気が楽になりますね。

 

「今日は髪を染める日」と決めて染めなくても、毎日あたりまえにするケアで白髪も目立たなくできるので、より一層手軽でいいと思いました。価格も手ごろで、続けやすい点も良いと思います。

 

資生堂プリオールの
公式ページはこちら

こちらもどうぞ

資生堂ティアラトリートメントカラーリンス

白髪染めは髪が傷むもの・・・でしたが、今は髪がキレイになるトリートメント効果の高い白髪染めが色々出ています。ちゃんと染まって髪もキレイになるのはどれか、色々試してみました。