1. LABOMO(ラボモ)スカルプアロマ

LABOMO(ラボモ)スカルプアロマ

管理人の評価(平均:3.2点)
価格(税別) 3,000円
カラー(3色)
  • ナチュラルブラック
  • ダークブラウン
  • ブラウン

毛髪のプロ、アートネイチャーのサロンで使われているヘアケアシリーズLABOMO(ラボモ)の白髪染めトリートメントです。独自の着色方式で、髪の表面に短時間で、色をしっかり残します。補修力も高め。

公開日:2016年9月 5日
最終更新日:2019年11月19日

オススメ度 ⇒ 3

色はすぐに入ります。待ち時間3分は今のところ、ドクターシーラボのスピード3と並んで最短ですね。ラボモスカルプアロマはキューティクルを閉じて色を残す方式なので、髪の手触りも良くなります。

 

個人的には香料が使われていることと、濡れた時の色落ちが難点と感じました。

 

色持ち ⇒ 2

色持ちも良いです。液がついたところにそのまま色が残る印象なので、なるべく白髪の上にのるように、ブラシかコームで均すようにつけるのがコツ。

お湯で濡らすと、染料が流れてすすぎ湯が黒くなります。汗をかく時期には向かないと感じました。

 

待ち時間 ⇒ 

現状、販売されているトリートメントタイプでは最短の待ち時間です。3分程度の待ち時間であれば、毎日使うのも苦にならない、という人におすすめ。

 

ただし、長く待てばその分濃く残る、ということもなさそう。毎日ささっと使っておきたい、という人に向いていますね。

 

配合成分 ⇒ 3

高級アルコール類、ポリマー類が多く配合されている印象。個人的には、香料の使用がちょっと残念。

強い香りではありませんから、ヘアケア品の人工的な香りに慣れている人は、気にならないと思います。

 

補修力  ⇒ 3

染料を閉じ込めるためにキューティクルを閉じるので、髪の表面がなめらかになり指どおりが良くなります。染料と一緒に美容成分も閉じ込めるので、髪の補修力は高そう。

 

一番早く色がつくトリートメントでした

白髪染めトリートメントって、発売当初は乾いた髪に塗って1時間くらい待つものでしたが、どんどん待ち時間が短くなりました。

 

今では、シャンプー後に使って5分から10分待つ、というものが主流になってます。

 

5分でもかなり早くなったなとと思ってるんですが、アートネイチャーから3分待ちという製品が出て、ちょっとビックリしています。

 

 

待ち時間が3分でいい、というのは、ドクターシーラボのスピード3と、このラボモスカルプアロマだけ。

 

ラボモはスピード3よりも値段も安いんですよ。すごいですよね。こちらの方が人気が出そうだなぁと考えながら使ってみました。

 

パッケージはデザイン性が高く可愛らしいですね。色はダークブラウンを選んでみました。

 

さてこの白髪にラボモを使ってみます

 

公式ページのQ&Aによると、ラボモは乾いた髪にも使えるみたいですが、推奨はしていないみたい。あくまでもシャンプー後に使ってねという感じ。

 

そういうことで、シャンプーした髪をしっかりタオルドライして、塗布してみることにしました。

 

液は滑らかで、やわらかめ

 

手のひらにのせてしばらくすると、色が手のひらに残ります。石けんで洗っても落ちなかったのでちょっと焦りましたが、シャンプーで洗ってみたら落ちました。

 

着色する力が強いので、髪につける時にはブラシかコームを使って、あまり手につかないようにしたほうがよさそうです。

 

 

塗布して3分待ちますが、身体を洗ったりマッサージしたりしてると、3分なんてすぐ過ぎちゃいますね。

 

10分待てと言われると、何してようと思っちゃいますが、3分と言われると放置し過ぎないか、心配になっちゃいます^^;

 

長く置いたからといって、特に困ることもなさそうなんですけどね。

 

さて3分以上放置し、色が出なくなるまですすぎ乾かしたのがコチラ

入りましたね~!

 

短い時間でここまで入れば満足です。キューティクルを閉じるため、ツヤも出ますし手触りも良くなります。

 

この感触は好きな人が多いと思いますね~。

 

ラボモを使ってみて

個人的には、人工的な香料とポリマー類が使われているのがちょっと残念。このへんは個人的なこだわりなので、気にならない人には全く問題ないと思います。

 

香りも上品で強くないから、好きと感じる人も多いんじゃないでしょうか。

 

あと、翌日のすすぎ湯にすごく色がつくのが気になりました。流れるくらいの汗をかくと、色のついた汗が流れてしまいそう。

 

すすぎ湯に色がついても、白髪についた色は残るので、継続して使っておけば、改めて白髪染めをしなくても済みそう。

 

そして5分以内で染まる白髪染めとしては、かなり安い。白髪の量がほどほど多くても、継続して使えば隠せてよさそうです。

 

ラボモスカルプアロマは、アートネイチャーの公式ページのほか、Amazonでも取り扱っているので見つけやすく買いやすいと思います。

 

なかなか良い白髪染めでした。

LABOMO(ラボモ)スカルプアロマ

 
管理人おすすめの白髪染めトリートメント BEST3
  1. 利尻ヘアカラートリートメント
    → 無添加、無香料。年代・性別にかかわらず使えます。修復力も大幅アップ。
  2. ルプルプ
    → 3種のフコイダンが痩せた髪にハリとコシを取り戻してくれます。
  3. レフィーネヘッドスパ
    → 白髪を染めながら、頭皮をクレンジング。ヘッドスパの気分を自宅で味わえる。
こちらもどうぞ

DHC Q10プレミアムカラートリートメント

DHCQ10シリーズの白髪染め。短い時間で色が入ります。歴代のQ10ヘアカラートリートメントシリーズの中で、一番よく染まり成分も自然派です。

マイナチュレ カラートリートメント

とことん植物由来の原料を使った、女性むけの育毛剤「マイナチュレ」を作っているメーカーの白髪染めトリートメントです。こだわりの原料や染まりの良さは好印象。一方、良い原料を使っているだけに、価格は高いなど難点も。