1. 黒茶のチカラ クイックヘアカラートリートメント

黒茶のチカラ クイックヘアカラートリートメント

管理人の評価(平均:3.2点)
価格(税込) 2,499円 
※定期購入の場合

ダイエットプーアール茶などを販売しているティーライフが作った、発酵緑茶エキス配合の白髪染めトリートメントです。リニューアルしてより、染まりやすくなりました。保湿と着色を兼ねるお茶のチカラに着目した製品で、髪の手触りも良くなります。

 

オススメ度  ⇒ 3

黒茶とも呼ばれるプーアール茶の成分を利用して白髪に色を入れ、傷んだ髪を補修するヘアカラートリートメントです。お茶のメーカーが作っているということで、正直あまり期待していませんでしたが、思いのほかしっかり色が入りました。

 

pH値の工夫で、髪の内部に細かい染料を入れるため、色が入りやすく色落ちしにくくなりました。使用後の髪の質感もしっとりしてなかなか良い感じです。

 

色持ち ⇒ 3

色持ちはなかなか。シャンプーすれば少しずつは落ちますが、以前の製品より長持ちするようになりました。

 

トリートメントタイプの白髪染めの中には、シャンプーし続けてもピンクや黄色の色味が残るものが少なくありませんが、黒茶のチカラはうっすらブラウンが残る感じです。

 

待ち時間 ⇒ 3

シャンプー後、タオルドライした髪に塗布して5分から10分放置と、標準的な待ち時間です。よりしっかりと色を入れたい場合は、最長で30分待ってくださいと表記されています。個人的には、15分くらいで十分かなという印象。

 

リニューアル後は、乾いた髪にも使えるようになりました。

 

配合成分 ⇒ 3

プーアール茶の抽出成分は面白いですね。染め物にも使われる成分なので、着色力は強いのかなと感じます。

 

それ以外は他の白髪染めトリートメントとあまり変わりないです。染毛成分は主に塩基性成分ですね。油分の配合が多めなのが特徴的かなと思いました。人工的な香りがしないのも、個人的には好きでした。

 

補修力  ⇒ 

発酵茶葉エキスが保湿成分として働くうえ、油分が多く配合されていて髪が本当にツルツルとした感じになります。水分を含んでしっとりした質感になるので、傷んでバサバサになっている人にはとても良いのではないでしょうか。

 

ポリマー類の手触りとは違う、髪の芯がしっとりする感覚があります。

 

なかなか良かった黒茶のチカラが、リニューアルでさらに染まりやすく

ブランド至上主義ではないんですが、新しい製品を試すときに、やはりなじみのないメーカーのものだと期待が小さいということがあります。

 

ティーライフはダイエットプーアール茶で有名なメーカーですが、化粧品も作っていることは知りませんでした。それで、白髪染めトリートメントがあるというのを知ったときも、あまり期待はしていなかったですよね。

 

失礼な話ですが、正直「どうかなー」と思ってました^^; でも使ってみたら色は入るし髪の質感も良くなるしで、意外といいのでちょっとビックリ。

 

なんでも使ってみないと分からないですね。

 

その黒茶のチカラが、より染まりやすくリニューアルされたというので、さっそく使ってみました。

 

以前のイメージとは違う、ピンクのパッケージ

 

またずいぶん派手にしたなーと思ったんですが、カタカナで「ヘアカラートリートメント」とか書いてあるのは変わりなかったです(笑)

 

「クイック」の文字が足されているところをみると、以前の製品より早く色が入るようになったのかな、と期待しちゃいますね。

 

 

ではこの白髪を染めてみます

 

リニューアル前の黒茶のチカラは、基本的にシャンプーの後に使うタイプだったんですよね。リニューアル後も基本的にはシャンプー後に使うのが推奨みたいですけど、公式ページによると、乾いた髪にも使えるようになってます。

 

乾いた髪に使う場合にも、シャンプー後の髪に使う場合にも、待ち時間は最長で30分にしてくださいとあります。

 

使ってみた感想としては、15分待ったらそれ以上は長く待ってもあまり、変わらないように感じました。

 

 

液は以前のより、プリプリ感が増してるような感触

 

もったりと濃い、のは相変わらずって感じでしたね。

 

髪にからみやすい反面、一カ所に固まりやすいので注意して伸ばします。

 

香りがあまりしないのも、リニューアル前と変わりません。私は人工的な強い香りが好きじゃないので、ほとんど匂いのないこういうトリートメントは好印象をもっちゃいます。

 

シャンプー後に塗布して10分弱、待ちました。そうしてすすぎ、乾かしたのがこちら

 

やっぱり色が入りやすいです。1回でこれだけ入れば合格というか、なかなか良いと思いますね。

 

 

自然の成分がほとんどを占めてるのに、待ち時間が30分限度ってどうしてなんだろうと思ったんですが、リニューアルで工夫したpH値に、その理由があるみたいです。

 

pH値を微アルカリ性にすることで、キューティクルをちょっとだけ開いて、髪の中に染料を定着させるため、色が入りやすくなったし色落ちもしにくくなってるんだそうで。

 

開いたキューティクルは、一晩で元に戻るので髪が傷んでしまう心配はないみたいですけど、30分を超えて長く置くと、髪に負担がかかっちゃうおそれがあるのかもしれません。

 

もっとも、あまり長く放置しても、染まり方は変わらないので置いとく必要もなさそうですけどね。

 

あと、今回の製品は公式ページでパウチ式のお試し品も販売されてますね。2回ぶんで400円くらいかな。でもお試し品ひとつだけ買うと送料がかかっちゃうし、最初は白髪にしっかり色が入るまで、3回は続けて使った方がいいと思うんですよね。

 

だから最初から本商品を買った方がいいかなと思います。成分に不安があるとか、2色混ぜたらどうなるか試したい、なんて場合はいいと思うんですけどね。

 

色といえば、今回も色はブラウンとブラックの2色でした。使ってみたのはブラウンでしたけど、明るすぎないし白髪に色もちゃんと入るので、他の製品のダークブラウンとあまり変わらないかな、と思いました。

 

リニューアルされた黒茶のチカラは、以前にも増して染まりやすく、髪の手触りも良くなるなかなか良い白髪染めトリートメントでした。

 

黒茶のチカラの公式ページはこちら

 

 

以前の黒茶も、なかなか良かったんです

※ここからは、リニューアル前の黒茶のチカラを使った時のレビューです。

 

 

パッケージは地味な感じ

 

最近では、一見して白髪染めとは分からないパッケージのものが多いので、見た感じ「地味だなー」と思いました。ヘアカラートリートメントと、カタカナでしっかり書いてあるのも今ではちょっと珍しい。

 

さてこの白髪を染めてみました

 

 

黒茶のチカラはシャンプー後に使うタイプです。タオルドライした髪に塗布したら、5分から10分放置してくださいとのこと。私は最初は10分間待ってみました。

 

液はとても濃くて、ぼったりした感じです

 

髪にしっかりとどまってくれますが、白髪の量が多い人は髪をこまめに分けてのせていかないと、水っぽい液と違って浸みこんでいかないので、中が染まってない、ってことになりそうですね。

 

私は分け目とつむじのあたりが目立つので、そのあたりに重点的に液をのせました。

 

 

10分放置してすすぎ、乾かしたところこんな感じ

 

けっこう、しっかりと色が入りました。期待以上に色が入ったので嬉しくなってしまいましたよ。

 

 

そして髪の手触りがしっとりしていい感じです。発酵緑茶エキスは、髪に色をつける目的でなく保湿成分として配合されているそうですから、その働きが素晴らしいということなんでしょうね。

 

洗った直後だけ髪がサラサラ、という製品はけっこうあるんですが、そういうものはポリマーの働きで一時的に質感が良くなっているだけです。

 

黒茶のチカラにはほとんどポリマー類は配合されていないので、一時的なものではない感じ。油分が多いと髪に重みが出るので、もともと髪の量が多い人はちょっと苦手と感じるかもしれません。

 

白髪染めで髪が疲れてしまっている人、水分が抜けてしまっている人にはなかなか良い白髪染めではないかと思います。

 

難点は色が2色展開と少ないことでしょうか。私は明るいブラウンを選びましたが、一般的に好まれるダークブラウンはないんですよね。

 

ブラックとブラウンを混ぜて使えます、ということみたいですが、染めるたびにちょっとずつ配合が変わってしまうんじゃないかと思うとちょっと不安。

 

できればダークブラウンがあれば、もっと良かったかなと思います。

こちらもどうぞ

Bbヘアカラービューティトリートメント

シャンプー前に使うトリートメント。髪全体に色が残り、トーンが揃う感じの染まりあがりです。香りがちょっと強めかなと感じました。