1. グレイチェンジカラートリートメント

グレイチェンジカラートリートメント

管理人の評価(平均:2.4点)
価格(税込) 950円

天然ヘナを保湿成分として配合しているカラートリートメント。白髪が染まるまでにはひと月くらいかかり、かなりゆっくりです。

白髪がチラホラと増え始めたけど、全体を染めるほどではない、という人が使うのには、手軽でいいかなと思います。

 

オススメ度 ⇒ 2

白髪の量が3分の1以下なら充分使えると思います。私はほとんどが白髪なので、そういう状態の人には向かないかなと思いました。

 

完全な白髪が、褐色に染まるまでひと月くらいかかります。白髪染めというより、トリートメントとして使っていればチラホラ白髪が隠せるよという感じ。

 

色持ち ⇒ 

ひと月くらい使って、染まった後は使用を止めてもなかなか白髪には戻りません。が、染まるまでは毎日使う必要があるので、色持ちがいいと言っていいのかどうかは迷うところ。

 

染毛料はHC染料でなく、染料自体に色がついたタール系色素が使われています。

 

待ち時間 ⇒ 

待ち時間は5分です。長くおくと染まりが良くなるという表記はありません。試しに長めにおいてみましたが、染まり方は変わりませんでした。

 

あくまでも毎日使い続ける方が重要なようですね。個人的には、5分の待ち時間・1回でもっと色がハッキリと入る製品が他にあるので、あえてこれを選びたいとは感じませんでした。

 

配合成分 ⇒ 

通常のトリートメントに、タール色素が入っているというもの。髪にも地肌にも、悪いものは使われていません。ヘナが配合されていますが、染料としてではなく、保湿目的ですね。

 

補修力 ⇒ 

トリートメントのついでに色をいれる、という感じなので、傷んだ髪の補修力はほどよくありますが、特に良いとは感じませんでした。

 

チラホラと白髪が見えはじめた人に向いてると感じました

グレイチェンジカラートリートメントは、今みたいに白髪染めトリートメントがたくさん販売される以前から、LOFTなどで販売されてました。

 

私は若い頃から白髪が多く、とにかく色がしっかり入るものを選んでいたので、これを使う機会はなかったんですよね。

 

でもこれだけ長い間販売されてるってことは、人気製品ってことだよね・・・と思い、一度使ってみることに。

 

 

ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ダークグレイと3色あるんですね。私はいつも通り、ダークブラウンを選んでみました。

 

パッケージに大きく、「3週間」と書いてあるのがちょっと新鮮(笑)

 

短い待ち時間で、しっかり白髪に色が入るのをウリにしている製品が増えてる中、なかなか潔い。と、いうかこれは元々、トリートメントが主の製品なんですよね。

 

そのせいか、「より良く色を入れるためには」みたいなことはメーカーさんのページにもパッケージにも書かれてない。あくまでもトリートメントとして日常的に使ってください、って感じです。

 

まずは染めてみることに。この白髪に使いました

 

 

これくらい染めたところと、その後伸びた白髪がハッキリ分かる状態になることは、実はなかなかありません。今回は分かりやすい結果になりそう(笑)

 

 

グレイチェンジカラートリートメントには、白髪染めトリートメントではおなじみのHC染料が使われていないためか、液の色はかなり薄い感じ。

 

通常のトリートメントはクリーム色のものが多いですよね。いかもにそこに、タール系の色素を入れました、という感じの色合いです。

 

ここで気になったのは香り。成分表示を見ると香料は最後の表記で、つまり配合量は少ないはずなんですけど、かなり強い香りがします。

 

いかにもヘアケア品、って匂いは個人的に苦手なので気になりますね・・・平気な人は平気なんでしょうけど。

 

液はプリプリしてるので、手だけで塗り広げようとすると均等に広がりません。目の粗いクシかなにかで、毛先に向かって伸ばしていくといいかと思います。

 

もっとも、1回の使用で色が強く入るわけではないので、色ムラになる心配はありません。ですから、均等でなくても気にならなければ、手でつけておいても不都合はないと思います。

 

グレイチェンジの待ち時間は5分ほど。それ以上置いても...

長く置いても、白髪に色が濃く入ることはありません。

 

5分経ったらヌルつきがなくなるまですすぎます。ほとんどの白髪染めトリートメントは、すすぎ湯に色がつくので、それがなくなるまですすぐんですけど、これは最初からほとんど色がつかないんですよ。

 

というわけで、手触りを頼りにすすぎます。それで大丈夫。洗った髪をタオルで拭いても、ほとんど色がつきませんから、気を遣わなくてもいいのは楽ですね。

 

さて、1回の使用でどのくらい色が入ったかというと

 

 

全然、まったく入らないんだろうなと思ってましたが、意外とうっすら入るんですよ。白髪に入るというより、髪全体が色づく感じです。

 

私の髪の色は今、だいぶ明るいので、より色づいたように感じます。

 

 

それでも、白髪だけの状態で使ったら、ちゃんと色が入るまで時間がかかるだろうなというのはわかります。

 

髪の補修をする、トリートメントとしての働きの方が主で、ついでに色も少しずつ入れておきましょうかって感じ。なので、白髪の量が3分の1より少ない状態なら、日常的にこれを使っておくといいかも、と思います。

 

白髪を染める目的なら、もっとハッキリ色が入るものの方がいいですね。

 

たいていのドラッグストアや、化粧品売り場などで簡単に買えるし、値段も千円以下と安いです。なので、白髪がチラホラ見え始めた、という人が試しに使ってみるのにはよさそう。

 

長い期間販売され続けているのも、手軽さがあるからかな、と感じたトリートメントでした。

 

こちらもどうぞ

テンスター ヘナカラートリートメント

サロンむけのヘアカラーを作っている、テンスターのヘナ配合カラートリートメントです。色が入りやすいし、髪の補修力が高く良かったんですが、色落ちしやすいのが残念でした。