1. ドラッグストアで買える白髪染めトリートメント

ドラッグストアで買える
白髪染めトリートメント

イオンなど大手スーパーや、マツモトキヨシなどドラッグストアで購入できる白髪染めトリートメントの一覧です。主に、管理人が住んでいる埼玉県で見かけるものを挙げています。

 

全国のどんな店舗でも販売されているわけではないと思いますので、その点はご了承くださいね。

 

管理人が実際にこれらの商品を購入したのは、イオン、ヨーカドー、ニチイ、ツルハドラッグ、マツモトキヨシ、ウェルシア、セキ薬局など。ビバホームなど、ホームセンターで買ったものもあります。

製品一覧

利尻ヘアカラートリートメント

利尻昆布で染める白髪染め。実はヘアマニキュアなのでとても染まりやすい。リピータも多いのもうなずけます。

ウェラトーン ヘアカラートリートメント

ドイツのヘアケアメーカーWELLA(ウェラ)のヘアカラートリートメント。オイル成分の働きでツヤツヤなめらかな髪に仕上がります。色味に工夫があるのか、1回の使用で白髪が目立たなくなります。

グレイチェンジカラートリートメント

ヘナ配合の保湿トリートメント。白髪に色もつきますが、パッケージにも書かれているとおり、色の入り方はかなりゆっくり。黒髪にチラホラ、白髪が見えはじめた人が使うのに向いています。髪全体が色づくので、地の髪色に近い色を選ぶと良さそう。

リーゼ プリティア 髪色サプリ

花王のリーゼシリーズから発売されている、染めた髪色を保つためのケア剤。シャンプー後に塗布して、すすぐだけです。白髪染めとは違いますが、カラートリートメントと併用しても良さそうだなと思いました。

フラガール カラートリートメントリッチ

サロン専売のヘアケア品を作っているメーカーの、白髪も染まるトリートメントです。とんがりチューブやふくらみブラシなど、使いやすい工夫がいろいろ。白髪の量が少ない、今のキレイな髪を保ちたい人におすすめ。

サイオス カラーリフレッシャートリートメント

シャワルツコフヘンケルの白髪染め、「サイオス」のカラートリートメント。2剤式の白髪染めの合間に使ってもいいし、これひとつでカラーケアしても良さそうです。人工的なツヤは好き嫌いがあるかも。

ふわ染め艶カラー

髪の補修力が高く、ツヤとハリが出る白髪染めトリートメントです。色は入りますが待ち時間が長く、白髪の量が多い人には向かない印象。美髪を維持したい人むき。

カラーニュ カラートリートメント

カラーニュ 髪がまとまるカラートリートメントは、白髪特有の髪のうねりをケアする成分を配合した白髪染めトリートメント。傷んだ髪の補修というより、現状の健康な髪を保ちたい人に。

ビゲン カラートリートメント

白髪染めの大手ブランド、ビゲンから発売されているカラートリートメント。華やかな香りと優しい色づきで、気軽に使えます。ドラッグストアやスーパーで簡単に購入できるのも便利。

50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント

ロート製薬のエイジングシリーズ、50の恵の白髪用ヘアカラートリートメント。乾いた髪に使うと色がしっかり入ります。パッケージや香りは年配向けって感じですが、悪くない白髪染めでした。

VITALISM カラートリートメントkulo(クロ)

表参道スキンクリニックが開発した、頭皮ケアシリーズ「VITALISM(バイタリズム)」の白髪染めトリートメント。頭皮と髪を保護する成分が多く、カラーリングによるダメージを避けたい人におすすめ。

トップバリュ ヘアカラートリートメント

大手スーパー、イオンのPB白髪染めトリートメントです。価格が安く、取扱店舗も多いので、手軽に試しやすいです。お店でみかけたら手に取ってみてもいいかも。

資生堂プリオール

資生堂から発売された、カラーコンディショナーです。毎日使える成分で作られていて、シャンプー後に使用しているだけで白髪を目立たなくさせることが出来ます。安価で手軽。

シークレットカラー ナチュラルトリートメント

天然ハーブの成分を多く配合した白髪染めトリートメントです。髪の修復力はとても高く、ツヤツヤになるのですが、色を入れるための待ち時間が長すぎて・・・

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント スピード3

ドクターシーラボの、3分で色が入る白髪染め、ヘアカラートリートメントスピード3について紹介しています。リニューアル前は色落ちが困りものでしたが、その点も改善されています。オイルが多めで、髪がしんなりまとまりいい感じでした。

資生堂ティアラトリートメントカラーリンス

白髪染めは髪が傷むもの・・・でしたが、今は髪がキレイになるトリートメント効果の高い白髪染めが色々出ています。ちゃんと染まって髪もキレイになるのはどれか、色々試してみました。

シエロ カラートリートメント

hoyuの白髪染めシリーズ、CIELOから発売された、ヘアカラートリートメントです。シャンプー後に使っておくと、白髪に徐々に色が入ります。ポリマー類の働きで、髪がツルツルに。

テンスター ヘナカラートリートメント

サロンむけのヘアカラーを作っている、テンスターのヘナ配合カラートリートメントです。色が入りやすいし、髪の補修力が高く良かったんですが、色落ちしやすいのが残念でした。

DHC Q10クイックカラートリートメント

DHCQ10シリーズの白髪染め。比較的短い時間で色が入り、色落ちも少ないカラートリートメントです。香料が使われていたり、ポリマー類の配合が多めだったりと刺激がないとは言い難いので頭皮が健康な人に向いています。

スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント

頭皮ケアシャンプーで有名なアンファーから発売された、スカルプDボーテシリーズの白髪用ヘアカラートリートメント。髪の内側と外側と、両方から色を残すタイプです。

 

 

刺激がないからお店で買える。でも、内容の良いものは通販が多いんです

白髪染めトリートメントは、従来の2剤式の白髪染めと違って、頭皮や髪に刺激が少なく、副作用の心配も、使用上安全のために気をつけなくてはならないことも、ありません。

 

それだけに、お店で手軽に変える製品も多くあります。店舗に卸せるということは、大量生産が可能だということで、価格も安いことが多い。

 

値段が安く、使いたい日に買えるならこんなに良いことはない、と思います。しかし、長年たくさんの白髪染めトリートメントを使っていてわかるのは、「良いものはそんなに大量に作れないらしい」ということです。

 

刺激の少ない自然な成分を使って、白髪に色を残し、髪に補修成分を残すには、製法にも工夫が必要なため、一度にたくさん作れないことが多いですね。

 

そのため、品質が良く色もしっかり残る、という白髪染めは、通販限定で販売されていることが多いと感じています。

 

白髪がちらほら生え始めた、くらいの時には、頭髪を全部染める必要もありませんよね。そういう時期に使うなら、気になったときに店舗ですぐに買えて、その日の夜に使える製品はとても便利だと思います。

 

でももし、頭皮や髪の傷みに不安を感じているなら、独自製法で作られていたり、独自成分が配合されている通販限定の白髪染めトリートメントをお勧めしたいなと思っています。